ローカルサーチ

Googleストリートビューを撮影するメリット

2017年11月12日

Googleストリートビューは、Googleが提供しているGoogleマップの機能の一部になります。

マップ上にある場所をクリックすると、その場所を撮影した画像の中に入っているような立体的な写真が閲覧できる機能です。

ストリートビューは自分で操作して画像の中を移動できます。

そのため、お店の中を撮影してストリートビューを作成することで、疑似的に店内を移動する体験ができますので、お店に来たことが無いお客さんに対して写真以上にお店のイメージを感じてもらうことが可能です。

 

 

Googleの調査から、ストリートビューを撮影するべき3つ理由をご紹介します。

 

撮影するべき理由-1

お店を検索する人の約半数である、44%がGoogleマップなどの地図サービスを利用。

 

撮影するべき理由-2

検索した際に「場所」に関する情報が入っていると平均して41%がお店の来店につながる。

撮影するべき理由-3

お店や施設にGoogleストリートビューを導入するとお客さんの興味は2倍になる。

 

このように、ストリートビュー導入するとローカルSEO・MEO効果だけではなく、多くのメリットがあります。