ローカルサーチ

【MEO対策】スタッフブログを書く時に気を付けたい『テーマの選定』

2018年07月26日

カテゴリー: ローカルSEO対策・MEO

MEOを改善する要因は幾つかありますが、中でも比較的重要かつ簡単に出来るのが『サイト内のコンテンツを充実させる』ことです。

 

 

何故簡単かと言うと、例えば『被リンク貰う』あるいは『口コミを書いてもらう』といった施策は、いずれもお客様やインフルエンサーを始めとした外部の方次第だからです。一方でサイトコンテンツの充実は、極端な話お客様が一人も来ていない状態やオープン前からコツコツと進めることが出来ます。もうお気付きかも知れませんが、一番手っ取り早いのはブログの更新です。

 

 

TwitterやInstagramの台頭で、以前に比べPRのツールとしては存在感の薄くなってきたブログ。しかしSEOやMEOではまだまだ上位表示の為に重要な施策であり続けています。店舗の場合はお店のスタッフが更新していることが多いと思いますが、ページスピードやレスポンシブ対応といった高度な改善とは違い、その分野に詳しくない内部の方でも根強く続けられるのが大きなメリットですね。

 

 

一方でこちらの記事でも触れている通り、ブログはただ更新すればよい訳ではありません。

 

 

サービスや地域と関係ないコンテンツばかり書くのはNG

 

 

コンテンツの充実によってMEOで上位表示させるには『地域名+業種』といった、お客様が検索し、かつ自サイトを見つけてくれる可能性のあるキーワードを盛り込む必要があります(ちなみに必ずしも『ワードを大量に盛り込めばいい』訳ではありません)。ところがこれを出来ているブログ、あまり多くありません。

 

 

様々な店舗のHPで『スタッフブログ』といったタイトルのブログを見かけた方は多いでしょう。文字通りスタッフが記事を書いていることが多いですよね。しかしその内容を見てみると『○○へ旅行に行ってきた』『話題の映画を見てきた』『免許を更新した』…などと、あまりサービスの内容や地域との関連が無いテーマをよく目にしませんか?

 

 

もちろん店舗によってはこれでも問題無いかも知れません。スタッフの日常を綴る事、それが既存客のリピートやお店のブランディングになり、集客へ繋がっているならば(特にHP以外で強力な集客が出来ているならば)無理にテーマを絞る必要はありません。
しかしGoogleマップやオーガニック検索で上位表示させるならば、まずサービスや地域と関わりのあるテーマについて述べた記事を更新することをお勧めします。

 

 

すぐにテーマをイメージ出来ないかも知れませんが、お客様を見ていて気付いたこと、スタッフに徹底して教えているサービスのこだわり、お店の周辺の変化など、基本的にはあなたのお店について書かれたものであればOK。

 

 

難しいのは『何となく最近あったことを書く』のと『ターゲットを想定して適切な内容を書く』ことでは労力が全く違ってきます。多くの『スタッフブログ』の投稿が前者で占められる大きな理由の一つです。私の経験上、後者をやりたがるスタッフは多くありません。それだけ大変だからです。しかし、記事のヒントは至る所に転がっています。

 

 

例えば桜の季節になると『(地名)花見』など、桜の場所に関連するワードの検索ボリュームが一時的に増加します。もしあなたの店舗のエリアに桜の名所や穴場があれば、そちらについて記事を出稿してみるのも一つの手です。来店に繋がるかは別の話ですが、少なくともあなたの地域に興味のある方のアクセスを集めることが期待出来ます。

 

 

重厚長大な大作を書く必要はありませんから、まずはテーマを一通りリストアップし、書きやすいものから少しずつ投稿していくのが良いでしょう。最初は短くても構いませんから、『地域+店舗の関連キーワード』が自然に盛り込める記事を心掛けましょう。