ローカルサーチ

Googleマイビジネスのリスティングに『投稿』タブが追加(モバイル)

2018年08月25日

カテゴリー: Googleマイビジネス
モバイル版のGoogleマイビジネスに投稿タブが追加

Googleマイビジネスのリスティング(モバイル)に新しい項目が追加されました。今年導入された『投稿』機能がタブとしてリスティングに追加されています。既に日本語版でも実装済みです。

 

 

『投稿』は休業日やキャンペーン情報などの重要な情報だけでなく、取扱商品やクーポンの添付など使い方次第で非常に自由度の高い機能になります。ユーザーをホームページまで誘導しなくても細かいアピールポイントを訴求出来るというメリットもあります。

 

 

しかし、導入から半年経っても実際に『投稿』しているビジネスは非常に少ないのが現実です。今回に限らず、例えマイビジネスに登録していても、機能の追加に気付いていない方が多いかもしれませんね(当ブログでは本国で発表された際出来るだけ早くお伝えするようにしています)。

 

 

微々たる差だが、ローカルSEOへの影響は大きい

さて表題の件ですが、投稿タブは全てのビジネスで表示される訳ではなく、投稿のあるもののみとなっています。

 

 

例えば『新宿 カフェ』で検索し、検索結果に表示されたリスティングのうち、

 

投稿タブが表示されているリスティング

▲こちらのリスティングでは表示されていますが、

 

 

投稿タブの無いリスティング

▲このカフェでは『投稿』がありません。これまで投稿をしたことが無いのでしょう。

 

 

なおタブをクリックすると投稿一覧が表示されるようになっていますが、投稿の種類で『商品』を選択していたマイビジネスに限っては、別途商品一覧も見ることが出来るようになっています。

 

 

上記画面上では微々たる違いですが、地道に投稿を続けていれば情報量は歴然となります。ローカルの検索結果は関連性=検索ワードとローカルリスティング内の情報の合致度が非常に大きな要因となっているため、ビジネスに情報を追加し続けること(アップデートし続けること)が、結果としてローカルSEO・MEOの大きな改善に繋がります。

 

 

あなたの地域の競合はマイビジネスのアカウントを作っていますか?競合のリスティングはGoogleマップ上で上位表示されていますか?リスティング内の情報量はどれくらいであるでしょうか?

 

 

『投稿』を実施しているビジネスの方が圧倒的に多いと思います。現状、日本国内ではまだまだMEOの浸透も欧米に比べると進んでいません。投稿をしているリスティングは少なく、商品やクーポンまで駆使している店舗となると更に限られます。それだけ競合を出し抜くチャンスですので、こういったツールは積極的に使っていきましょう。

 

 

ローカル検索ドットコムはこうしたGoogleマイビジネスの機能やローカルSEO、MEOのノウハウを熟知し、来店に繋げた実績があります。ウェブ上の集客に限界を感じている方はお気軽にご相談ください。