ローカルサーチ

飲食店に朗報!Googleマイビジネスに新メニュータブの追加 ※英語圏

2018年02月22日

カテゴリー: Googleマイビジネス
menu

日々コンテンツの充実化が進んでいるGoogleマイビジネスですが、最近英語圏のバージョンに新たな機能が実装されました。

※2018年2月時点

 

飲食店のマイビジネスには、2017年4月(日本語版)からHPとは別にメニューへのリンクを設定出来るようになっています。設定と言っても外部のメニューを掲載したWebページへリンクが貼れるだけで、逆に言えば従来、ユーザーがメニューを閲覧するにはわざわざGoogleマイビジネスから離脱する必要がありました。

 

メニュー一覧タブの実装

実装された新たな機能というのは、このメニューが新たに『タブ』として設定できるようになったというもの。

 

現在英語圏の店舗のみの実装ですが、飲食店にとっては非常に大きな変化ですので、具体的に見ていきましょう。

 

下記スクリーンショットはとあるニューヨークのフレンチレストランのGoogleマイビジネスです。

 

概要(英語版では”Menu”)タブを開くと、これまでと同様の位置に『メニュー』が確認出来ると思います。

mybusiness-restaurant
この『メニュー』をクリックすると、

 

tab-menu
このようにメニュー一覧が表示されました。

 

時間帯や前菜/主菜の分類、スペシャルメニューの表示切り替えまで可能で、料理の簡単な説明も記載されています。

 

この機能はマイビジネス内”menu section“にて、飲食店としてのマイビジネスのアカウントを持っている店舗であれば誰でも編集・利用が出来ます。

 

設定出来るのは『セクション(前菜やランチなど)』『品名』『価格』『メニューの説明(半角1000字まで)』の四種類。今のところ写真の添付は出来ない様です。

 

残念ながら冒頭でも述べたように日本語圏では未実装で、英語圏でもモバイル以外のデバイスでメニュータブを閲覧することは出来ません。

 

英語圏でも、未だこのタブを設定編集していない店舗が少なくありません。但し今回紹介したレストランのように非常にカスタマイズの余地がある機能で、オーナー側が編集できるマイビジネスのセクションで最も多くの情報を盛り込むことが可能であると言えます。

 

日本語地域にも近日中に実装されることが予想されます。PC版には反映されない可能性も考えられますが、Googleはスマホサイトやコンテンツの評価をPC版の検索アルゴリズムにも反映させると明言するなど、もはやモバイル対策は避けられない時期に来ています。

 

常に最新情報のチェックやマイビジネス管理画面の確認を心掛け、実装された場合は速やかに設定するようにしましょう。