ローカルサーチ

外国人集客(インバウンド対策)のためのGoogleマイビジネスの使い方~URL追加~

2017年11月06日

カテゴリー: Googleマイビジネス 集客

2011年から毎年約30%程度、外国人が増えており、2020年の東京オリンピックに向けてますます増えることが予想されています。

 

https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_trends/より出典

 

店舗の業態によっては、外国人集客(インバウンド対策)がビジネスチャンスになる場合もありますので、ぜひ外国人集客を検討してみてください。

特に飲食店は外国人から最も注目されていますので、飲食店を経営されている方にはおススメです。

 

Googleマイビジネスには業態のカテゴリーによって、通常のホームぺージのURLに追加して、別のURLを加えることができます。

 

・メニューページの追加

・予約ページの追加

・商品検索ページの追加

 

ヘルプページ

 

特にメニューページの追加は重要になります。

日本語のメニューだけではなく、英語や中国語のメニューページを用意し、Googleマイビジネスに追加することで、外国人に来店してもらいやすくなるでしょう。

外国人は日本人よりも宗教観やベジタリアンなど考慮しなければならないこともあります。

このような観点からも、自社がしっかり考慮しているお店ということをアピールすることができるでしょう。

 

また、アメリカでは日本よりもGoogleマイビジネスの利用が進んでおり、Googleマイビジネスの利用が一般的になっていますので、外国人集客用の情報を掲載しておくことは重要です。

外国人集客を検討されている飲食店は、ぜひ追加することをお勧めします。

 

ちなみに、メニューページの追加は、以下のように飲食店以外でも可能とGoogleに明記されています。

 

1、レストランやバーなどの飲食店で注文可能な食べ物や飲み物の一覧がすべて記載されたメニュー。

2、理容店やスパ、自動車修理工場などのサービス業で利用可能なすべてのサービスが記載されたメニュー。

 

飲食店以外でも追加が可能な業態がありますので、該当する場合はぜひ追加することをお勧めします。

 

追加するURLについて、以下のように、ホットペッパーやぐるなび、食べログのリンクが自動で追加されている場合があります。

これはGoogleが自動で解析して、追加しているため、編集することができませんので、ご注意ください。