ローカルサーチ

Googleマイビジネスに『フォロー』機能。任意の地域のオススメ店舗が分かる?

2018年06月30日

カテゴリー: Googleマイビジネス
Googleマイビジネスにフォロー機能が追加

2018年6月末、大きくアップデートされたGoogleマイビジネス。

 

 

前記事でご紹介したマイマッチ』機能に加えて同じタイミングで追加されたのが『フォロー』機能になります。『マイマッチ』が店舗のタイプや好みに関してパーソナライズ化されている一方、こちらは特定のエリアに関する情報をユーザー側に提供することが出来ます。

 

※2018年6月時点ではAndroidでのみ実装されており、本リリース前の可能性があります。

 

お気に入りのエリアを登録するだけ

 

『フォロー』の設定方法は極めてシンプル。

 

Googleマップに表示されている4つのタブ

現在Googleマップを開くと、画面下部に4つのタブが表示されるようになったかと思います。その内の1番右のタブ(赤点)をタップしてみると…

 

オススメのエリアをフォローできる画面

このような画面が表示されます。ここではユーザーがお気に入りのエリアや頻繁に訪れる地域、また応用的には旅行先として予定している地区など、任意の地域を『フォロー』することが出来ます。

 

 

私は試しに新宿駅周辺をフォローしてみました(上写真)。フォローする地域は複数登録出来るようです。

 

フォローするメリットは?

 

しかし、これだけではフォロー機能に何のメリットがあるのか分かりません。一体地域をフォローすることで何が可能となるのでしょうか?

 

 

フォローする地域を設定したら、再度マップに戻ってください。そしてもう一度先程のタブをタップしてみましょう。すると…

 

新宿エリアのオススメ店舗

何と、フォローしている地域の人気店舗が『おすすめ』として、SNSのタイムラインの様に表示されました。

 

 

ここで表示される店舗は、当然Googleマイビジネスに登録されているもののみですが、その内『人気のある店舗』が順次出てくるようアルゴリズムのようですね。見た限りここでの『人気』とは、『時事通信』『ITメディア』といったニュースサイトや『るるぶ』の様な観光サービスサイトで複数回取り上げられることを意味しているようです(因みにGoogleマイビジネスの『口コミ』数が0の店舗も表示されていたため、あくまで第三者サイトが判断材料の模様)。

 

 

この機能により、ユーザーはフォローした地域の『話題のお店』や『おすすめのレストラン』を一目で見つけることが出来るようになりました。元々トリップアドバイザーや食べログのレビューも引用してきたGoogleマイビジネスですが、そんな第三者サイトの情報をより活用・明示するアップデートです。

 

 

これまで以上にマイビジネスの管理・運用が重要になってきました。と言うより、日に日にアップデートされているので対応するスピードが求められるようになりました。今後もパーソナライゼーション志向が続くと思われますので、アカウントをお持ちでないオーナーの方は作成を、作成済みの方は放置せず地道に運用を続けていきましょう。