ローカルサーチ

Googleマイビジネスのアカウントの作り方

2017年09月30日

カテゴリー: Googleマイビジネス

ローカルSEO対策・MEO対策に必ず必要なGoogleマイビジネスのアカウントの作り方をご紹介します。

 

この手順で進めれば、簡単に作成できますので、ぜひ作ってみてください。

 

アカウント開設

 

まず、GoogleマイビジネスのWebサイトの右上にある「ご利用を開始」をクリックします。

 

Googleマイビジネス

 

その後、アカウント情報を入れる画面が出てきますので、必要情報を入力します。

 

・ビジネス名

・国名

・郵便番号

・都道府県

・市区町村

・住所

・電話番号

・カテゴリー

※カテゴリーは、選択式になります。

お店や施設の業種や業態を入力すると候補のカテゴリーが出てきますので、その中から選択します。

入力しても出てこないカテゴリーは登録できませんので、ない場合は、自分のお店や施設に近いカテゴリーを選択します。

 

・ウェブサイト

ホームページが無い場合は、ウェブサイトは空欄で構いません。

 

 

オーナー確認

 

入力後、オーナー確認の画面になります。

前の画面で入力した情報がお店本人のものかの確認になります。

チェックをすると、入力した住所にハガキが送られてきます。(1~2週間程度)

そのため、記載する住所でハガキが受け取れる必要があります。

お店がまだ開店前の場合は、ご注意ください。

 

ハガキにPINコードが記載されており、そのピンコードを入力するとオーナー確認が完了になります。

オーナー確認が完了しないと機能制限がありますので、Googleマイビジネスを利用する際は、オーナー確認は早めに完了させておくようにしてください。

 

情報を充実させる

 

ログインする以下のような画面になり、様々な情報を入力することができますので、できる限り情報を入力するようにしましょう。

オーナー確認前でも入力できますので、アカウント開設後すぐに入力するようにしてください。

 

 

・情報

住所や電話番号、営業時間など基本的な情報を入力できます。

 

・写真

通常の写真や360度の写真など登録することができますので、できる限り詳細がわかるように店内、店外、その他サービスがわかる写真を登録すると良いでしょう。

 

・ウェブサイト

お店や施設のウェブサイトが無い場合はココで簡単に作ることが可能です。

 

・ユーザー

Googleマイビジネスにログインできるユーザーを管理することができます。

 

以上が基本的に設定するべき情報になります。

これらの情報を充実させることがローカルSEO対策ではまず重要になってくる要素の一つです。

 

オーナー確認が完了すると、Googleマイビジネスのページへのアクセス数や口コミへの返信なども行うことができます。

 

口コミを増やすこともローカルSEO対策では重要ですが、まずは、Googleマイビジネスの情報を充実させ、お客さんにわかりやすい情報を届けることを心がけましょう。